フェリシモしあわせの学校東北・いわてイーハトーブ花巻分校の活動をご紹介します


by felihana

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

いわて分校だより
中野由貴
みずもとゆうこ
畠山由美
学校事務局

以前の記事

2016年 02月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 08月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月

フェリシモしあわせの学校

検索

お気に入りブログ

最新の記事

花巻で第9回「雨ニモマケズ」..
at 2016-02-08 19:32
第2回すこっぷ三味線いわて県大会
at 2015-11-15 17:20
イーハトーブ音楽祭2015開..
at 2015-08-18 10:21
第8回「雨ニモマケズ」朗読全..
at 2015-02-22 11:31
今年も「雨ニモマケズ全国朗読..
at 2015-02-08 11:19

ブログパーツ

外部リンク

ファン

人気ジャンル

ブログジャンル

画像一覧

<   2014年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ハッピーカラーで愉しい装い

花巻文化村で1月24ー25日に開催した
女子力アップ応援セミナーのご報告です。

雪の花巻に、いろんな色が暖かさを運んできてくれた講座となりました

岩手日日新聞でも紹介されました(日数が過ぎると閲覧できなくなります)
  ★天然素材やさしい着心地~花巻文化村で服展
   http://www.iwanichi.co.jp/hanamaki/item_37795.html
 
  ★魅力引き出す「色」判断 
   http://www.iwanichi.co.jp/hanamaki/item_37822.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
第15回 岩手de 「女子力UP!応援セミナー」を
 2014(平成26)年1月24・25日に開催しました。
  ☆今回のテーマは、「色の力&目利き力」 ~ 色の感性を磨きましょう~
   1/24「ハッピーカラーレッスン」パーソナルカラーを学んで色を貴女の味方にしちゃいます!
   1/25新春企画!「愉(たの)しく装う! 大人の装いレッスン」
 

前回、11月のセミナーがとても好評でしたので、またまた、秋田県大仙市から
ヴィジョン代表取締役でスタイリストの田中由記子先生にお出でいただき、
「色と大人の装い」について教えていただきました。
a0278347_12192751.jpg

 人の第一印象は、出会って5秒で決まる、
 女性が「美しく装う」ことで環境を佳くしていくことができる、
 周りの方々に「気分よく過ごしてもらうことができる」ということが自分の喜びとなる。
 でも、一方で「好きだから着る」という愉しさも大切です。
 
 色の影響力は、80%。 だから色はその人らしさを伝える良い手段です。
 統一感があると美しさが際立ちます。それにはバランス感覚を養うことが必要です。
 美しい自分を発見し、今、在る自分としても意味を感じることができる・・・・
 といったお話を伺いました。

 お話のあとは、参加者の方々お一人お一人のパーソナルカラー診断です。
 その人の個性に合った色と、自身の魅力を引き立たせるお洋服をコーディネートしていただきました。
 今回は自分のことだけではなく、ご参加の他の方の様子を一緒に見させていただくことで、
 色についてより客観的に学ぶことができました。
a0278347_12193280.jpg

 パーツの美しさもさることながら、バランスのとれたトータルな美しさこそが大人の装いなのだ
ということが分かり、今回の内容もとても有意義だったと感じました。
 似合う色を知り、それぞれの魅力を最大限に活かして、輝やいて日々を過ごしていくことで自分
も周りの人もHAPPY になれるなんて素敵なことですね。
 

 今回、受講されたみなさんは、ご自分にお似合いの色を識り、
自信を持って装うことを今後の人生に活かしていかれることでしょう。
 自身が輝くことで、自分も周りの方々も元気に幸せに。
a0278347_12183054.jpg

 田中先生、今回もとても勉強になりました。ありがとうございました。
 
 尚、参加費の一部を「フェリシモ東日本大震災義援金」に充てさせていただきました。
 ご参加いただきましたみなさまご協力ありがとうございました。
by felihana | 2014-01-28 12:20 | いわて分校だより

第3回 雨ニモマケズ朗読大会が塩尻で開催されました

2014年 今年もよろしくお願いします

昨年の報告となってしまいますが、
2013(平成25)年11月9日に長野県塩尻市で開催された
  鍋倉鹿踊りの皆さん&宮澤和樹さんと一緒に長野県塩尻市へ行こう!
  「第三回 雨ニモマケズ朗読大会&イーハトーブへの想い」 in 長野県塩尻市
のご報告です。
a0278347_162627100.jpg


2012年の第2回に続き
 → http://felihana.exblog.jp/16992561/

花巻から、そして神戸から塩尻へ賢治さんの想いが拡がることを願って、
ということで、
第3回目の今回も、フェリシモしあわせの学校からご協力いただき
「フェリシモしあわせの学校賞」を設け、1名の方が受賞されました。

しあわせの学校事務局のみなさま ありがとうございました。


花巻からはツアーバスがでて
途中、東京では岩手と賢治につながりのあるお寺を訪問し、
塩尻では花巻の鹿踊り(ししおどり)が舞いました。
また今回の大会では、
2013年招福祭で公演いただいた宮澤和樹さんがゲストで登場、
賢治のお話をされました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第三回 雨ニモマケズ朗読大会&イーハトーブへの想い」in長野県塩尻市

 日時 2013(平成25)年11月9日(土)
 会場 塩尻市総合文化センター
 主催 「雨ニモマケズ」朗読大会実行委員会
 後援 塩尻市 http://www.city.shiojiri.nagano.jp/ 、塩尻市教育委員会
     NPO法人花巻文化村協議会 http://www13.plala.or.jp/hbmk/
 

★花巻~東京・青松寺へ
 11月8日早朝に花巻を出発。
 東京都港区の「青松寺」http://www5.ocn.ne.jp/~seishoji/index.html を訪ねました。
a0278347_16272593.jpg


※ウィキペディアより →★
「青松寺」は、江戸府内の曹洞宗の寺院を統括した江戸三箇寺の1つで、太田道灌が雲岡舜徳を招聘して文明8年   (1476年)に創建。当初は武蔵国貝塚(現在の千代田区麹町周辺の古地名)にあったが、徳川家康による江戸城拡張に際して現在地に移転した。しかし移転後も長く「貝塚の青松寺」と俗称されていた。長州藩、土佐藩、津和野藩などが江戸で藩主や家臣が死去した際の菩提寺として利用した。


岩手県北上市ご出身のご住職、花巻市ご出身の奥さまから由緒ある「青松寺」の歴史や、
静かなたたずまいの御本堂・座禅のお部屋、
やわらかな光に満ち溢れた観音聖堂などをご案内いただきました。
a0278347_1628126.jpg

心づくしのおもてなしをいただき、本当にありがとうございました。


★そして松本~塩尻へ
 お江戸を後にして、一路、長野県塩尻市へ向かいます。
 途中、松本城を見学。
a0278347_16282283.jpg

 秋晴れの中、学生さんや市民の方々が大勢で清掃のボランティアをなさっていました。
 市民の皆さんが、このお城に誇りを持ち、大切にし、愛されているのだなぁと感じました。
 


★朗読大会開催
 11月9日午後1時から「第三回 雨ニモマケズ朗読大会&イーハトーブへの想い」が
 長野県塩尻市総合文化センター1階講堂(レザンホール隣)で開催されました。

【プログラム】
  第一部   朗読大会(14組)
  第二部   音楽鑑賞  歌    杉本 摂子さん(岩手県花巻市)
                 フルーティスト 桂 聡子さん
          お話し    (株)林風舎 代表  宮沢 和樹さん(岩手県花巻市)
         伝統芸能  春日流 鍋倉鹿踊り(なべくらししおどり)(岩手県花巻市)

司会は、昨年も機転の効いた名司会をしてくださった齋藤明希恵さんが、今年は大学生となられ、
更に素晴らしい司会で進行してくださいました。
a0278347_16284627.jpg


プログラムにあった主催者からあいさつには、
 「イーハトーブという理想郷を意味するこの言葉に想いを馳せて、
 男も女も、老いも若きも、職種にも関係なく
 色々な方々が集える場にしたいと思っています」とありました。
a0278347_1629332.jpg

会場はまさにそのとおり、色んな方たちがお越しになりほぼ満員です。



★第一部 
 朗読大会には、14の個人・団体の出場者がありました。
 (個人名で出場された方のお名前だけで紹介します)

 1 松本筑摩岳風会・短歌研究会仲間のみなさん
 2 ひかりさん
 3 おはなしなないろの会のみなさん
 4 松本あけぼのの会のみなさん
 5 田中 美麗 さん
 6 山元 明子 さん
 7 百瀬教室のみなさん
 8 岡村 親子のみなさん
 9 白木 まち子 さん
10 中山文庫読み聞かせの会・有志のみなさん
11 小岩井 和子 さん
12 関 貴和子 さん
13 油井さん
14 花巻文化村バスツアーのみなさん
a0278347_16303336.jpg

1~12は地元塩尻や松本から、13は福島県から、14は花巻からの出場です。
どの組も同じ「雨ニモマケズ」の朗読なのですが、それぞれの解釈・表現の仕方が違って、
それぞれにすてきなんです。
賢治さんの「雨ニモマケズ」が、こんなにもたくさんの方に愛され、親しまれていることは嬉しいことです。


★第二部
宮澤賢治さんの「辞世の句」の歌を杉本摂子さん、お箏を菊池洋子さんが演奏。
a0278347_1772537.jpg

続いて、ピアノ namiさん、マンドリン 岩渕清俊さん、バイオリン 佐藤結歌さんとともに
「花は咲く」等の名曲を演奏。
フルーティストの桂 聡子さんが「愛の挨拶」や日本の童謡を清らかに演奏をしてくださいました。
a0278347_16284829.jpg


「宮澤賢治さん」のお話しを賢治さんの弟の清六さんのお孫さんである
(株)林風舎・代表 宮澤和樹さん(岩手県花巻市)が、
おじい様(清六さん)から聴いた気さくな賢治さんの生前当時の様子をお話してくださいました。
a0278347_16294769.jpg


第2部の最後は、宮澤賢治さんもとても好きだったという花巻の伝統芸能・鹿踊り
春日流・鍋倉鹿踊り(なべくらししおどり)の皆さんの上演です。
a0278347_16294143.jpg

お腹にドンドンと響いてくる太鼓の音と勇壮な舞いにすっかり魅了されていました。

舞手の中には、こんな素敵な女性が!!
a0278347_16304234.jpg



第二部・終了後、表彰式が行われました。
a0278347_16333891.jpg

優勝は福島県から参加され、福島弁で朗読をした「油井さん」ほかが受賞されました。
a0278347_16328100.jpg


㈱フェリシモしあわせの学校 http://shiawase.felissimo.co.jp/
プレゼンツの「フェリシモしあわせの学校賞」は、
a0278347_16325181.jpg


「ともにしあわせになるしあわせ」の心に沿った朗読をしてくださった「ひかり」さんが受賞されました。 
a0278347_16353385.jpg


a0278347_16355734.jpg


大会を企画運営された塩尻市のみなさま、ご参加くださった出場者のみなさま、
ご来場してくださったお客様の温かいお心に触れ、
笑ったり胸が一杯になったりとても愉しい朗読大会でした。

でんでんあずまさんはじめ、塩尻のみなさま、お世話になりました。
ありがとうございました。

★こちらもご覧ください
  → http://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2014-01-05
by felihana | 2014-01-05 16:35 | いわて分校だより